積立てFX&ロボアドバイザー投資報告

米国長期金利の低下により短期国債よりも利回りが落ちる逆イールドが発動しました。

これにより、景気も後退していきそうで怖いです。

逆イールドが起きると将来、景気後退のシグナルと言われてるみたいなので・・・。

先進国は値段が戻る傾向が強いので下ったらバーゲンセールと思ってリスク管理しながら購入していきたいと思います。

★積立てFX 報告

★積立て詳細

投資通貨 レバレッジ 投資期間
米ドル円 5000円×3倍 17週間目
豪ドル円 2500円×2倍 2週間目
南アフリカ円 2500円×2倍 17週間目
投資元本 200,000円
含み損益 -1919円
運用実績:累積損益金額 +4,421円

元本投入は、基本気分で投入しております。

スワップも良い感じに溜まり、なおかつ平均レートも徐々に下げることが出来てうれしい限りです。

積立てFXについて私なりにまとめました。↓

はじめに 積立FXとは外貨通貨積立とFXが重なった商品になります。 現在、購入可能証券会社はSBI証券とSBIFXトレードのみ...

★ロボアドバイザー Theo 約11か月目

一時的に利益が出たかなぁって思ったら損失を掴むことになりました。

このまま、成長してくれると嬉しいです。

定期的に買い付けておりますので、大きく跳ねることは無いと思いますが年金みたいな感じで将来のために積み立てていきます。

元本は11万になっております。

余裕資産が増えたら月額投入資金を増やしたいと思います。

★Theoの積み立てポートフォリオ

グロース株式中心に運用

連動指標 時価層評価額 損益
米国の割安株 25,879 1,579
アジア太平洋地域の先進国の大型・中型株 20,975 715
ユーロ圏の大型株 12,063 +144
新興国全体の株式 8,877 1,015

インカム 積券中心に運用

連動指標 時価層評価額 損益
米ドル建ての投資適格債 22,076 -64円
米国を除く先進国の国債 3,053 -75円
米ドル建ての残存期間0-5年のハイイールド社債 2,956  -30円

インフレヘッジ 実部資産中心に運用

連動指標 時価層評価額 損益
米国のリート・不動産株 3,965 +459円
コモディティの先物 3,407 -167円
金(現物 2,703 -33円

Tehoについてメリット・デメリットを私なりにまとめました。↓(知識が増え次第追記します)

Theoのメリット・デメリット 有名なロボアドバイザーという自動積立口座は2種類あります。 其のうちの一つのであるTheoとい...

シェアする

フォローする