積立てFX&ロボアドバイザー投資報告

昨日の雇用統計お疲れさまでした。

米ドル円が一時期に107円台にはいり結果108.16円で市場を閉じました。

利下げ懸念も兼ね合わせてる中、ランド円もひどいことになっております。

さすがにランドはずっと下落トレンドになっており、かろうじてボックスを形成してる感じです。

一部を引用します。

ブラジル地理統計院(IBGE)が30日、今年第1四半期の国内総生産(GDP)は1兆7140億レアルで、直前の昨年第4四半期比マイナス0・2%だったと発表した。同日付現地ニュースサイトが報じている。
四半期GDPがマイナスを記録したのは、マイナス0・6%だった16年第4四半期以来、2年ぶりだ。

今年の第2四半期のGDPもマイナスとなると、「2四半期連続のマイナス成長」を意味する「リセッション(景気後退)」となり、2年ぶりの不況突入だ。

引用元ヤフーニュースより→https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00010000-nikkey-s_ame&pos=4

リセッションに入るということは・・。ランド円は一歩メキシコペソに近い値段になるということですかね。
安いから買い増しするというのは、ちょっとこの通貨では怖いものがありそうです。
なので少額でコツコツと積み立てていきます。

★積立てFX 報告

★積立て詳細

投資通貨 レバレッジ 投資期間
米ドル円 5000円×3倍 18週間目
豪ドル円 2500円×2倍 3週間目
南アフリカ円 2500円×2倍 18週間目
投資元本 200,000円
含み損益

-2637円

運用実績:累積損益金額 +4,421円

元本投入は、基本気分で投入しております。

スワップも良い感じに溜まり、なおかつ平均レートも徐々に下げることが出来てうれしい限りです。

積立てFXについて私なりにまとめました。

はじめに 積立FXとは外貨通貨積立とFXが重なった商品になります。 現在、購入可能証券会社はSBI証券とSBIFXトレードのみ...

 

★ロボアドバイザー Theo約11か月目

6月12日当たりに元本が新たに投入されますので12万円になります。

この歴史をみてると大きく下がったときも在ったけど、その反面盛り返してきたと一目でわかりますね。

積立ては短時間で資産を大きく作ることは厳しいですが最終的に大きい資産になるとおもってますので時間を味方につけて育てていきます。

★Theoの積み立てポートフォリオ

グロース株式中心に運用

連動指標 時価層評価額 損益
米国の割安株 25,879 –1,121
アジア太平洋地域の先進国の大型・中型株 20,975 754
ユーロ圏の大型株 12,063 +217
新興国全体の株式 8,877 –1,094

インカム 積券中心に運用

連動指標 時価層評価額 損益
米ドル建ての投資適格債 22,076 -249円
米国を除く先進国の国債 3,053 -55円
米ドル建ての残存期間0-5年のハイイールド社債 2,956  -61円

インフレヘッジ 実部資産中心に運用

連動指標 時価層評価額 損益
米国のリート・不動産株 3,965 +538円
コモディティの先物 3,407 -296円
金(現物 2,703 +30円

個別に株をやる人にとって、何が一番利益出しやすいか・・。

すこしの参考になれればいいと思っております。

Tehoについてメリット・デメリットを私なりにまとめました。↓(知識が増え次第追記します)

Theoのメリット・デメリット 有名なロボアドバイザーという自動積立口座は2種類あります。 其のうちの一つのであるTheoとい...

シェアする

フォローする