豪ドル円 ついに73円を切りました。

中国に追加関税を言い渡しました。

そのおかげで一気にリスクオフが発動し、豪ドル円は2円ほど暴落しました。

底堅い岩盤を重機で削るように穴を掘り続けて行ってますが、どうなんでしょうか・・。

正直不安なところもあります。

60円台に入ると安値圏だとおもって購入する人も多くなりそうですが、豪ドルに投資するメリットが余りないのも現状です。

このまま、下落し続けるのか?

それともフラクラの最安値圏で又、戻り買いになるのか?

70円のラインが大きい分岐点になりそうですね。

 

 

現在ポジションと評価価格 8時12分頃

投資元本

1,232,890円

資産評価額

1,001,957円

証拠金維持率 922.77%
平均単価 

79.82円AUD

保有ロット数

37,141AUD

スワップ合計 +19,254円

実現損益合計 2019/1/1~8/2

+4,213円

実現損益 8月度

+290円

含み損益

-230,933円

先月度利益【7月】

+5567円

主に行う、投資方法 IFD注文 100pip利確 50pipごとに買い付け。

追記、利確幅を調整しつつ裁量行ってきます。

(維持率を調整しながら買い付け 米ドル107円に指値)

保有通貨*スワップ*2倍買い付け 

8月スタートで+290円という良いスタートを切ることが出来ました。

そして、3.7LOT分まで購入し平均単価も80円を切るまでになりました。

しかしながら、これ以上購入すると自動ロスカットレートが上がってしまう為、一旦73円をボーダーとしてストップします。

60円台まで仮に入るような事があった場合は、そこから資金調整しつつ購入していこうと思います。

さすがに50円台までになるとはおもえないのですが、万が一の可能性もありますので・・。

現在、ロスカットレートは49円ほどです。

30円までロスカットレートを下げるには+30万円ほど入金が必要ですね。

少しずつ入金していき、調整をかけて行くつもりです。

外為ナビ様より↓

 

 

 

シェアする

フォローする