積立てFX&ロボアドバイザー投資報告

全面リスクオフの発動で円高促進しました。

追加関税や、北朝鮮のミサイルなど不安な材料が円買いを促進させたかもしれませんね

先進国通貨は、戻ってくるとは思いますが新興国通貨は上値はかなり重たそうです。

しかし、トルコリラは徐々に買われてきて再び20円に戻ろうとしてる動きが見受けられます。

ちょっと違う動きしてるので癖が強そうです。

★積立てFX 報告

★SBI証券様の積み立てFX

此方の元本は給料所得からの入金になります


投資通貨 運用レバレッジ

投資期間

米ドル円 5000円×3倍

26週間目

豪ドル円 2500円×2倍 11週間目
南アフリカ円 2500円×2倍 26週間目
投資元本 200,000円
含み損益

-3,046円

先週比:-3,555

スワップにより損失を和らげてますが、トランプショックのおかげで大きな損失になりました。

先週は好調な雰囲気でしたが一気に赤字になり、2019年は懸念の年になりそうです。

★SBIFX様の積み立てFX

こちらは店頭FX利益分を半額入金していきます。

なので完全にリスクオフ所得となります。

リスクオフインカムを目標としてる積立て方法になります。

SBI証券会社の積み立てに無いマイナー通貨主体で積み立てます。

投資通貨 運用レバレッジ 投資期間
トルコリラ 1000円×1倍

7週間目

カナダ 1000円×1倍

5週間目

投資元本 4,890円
含み損益 ー16円 先週比:ー14円

唯一、トルコ、カナダ円も下落してるので1円分の為替損失は出てますね。ルコリラだけは金利で逆転してます。

ん~リスクオフからオンに切り替わるまでは為替で利益を出すのは難しそうです。

★政策金利 7月度

日本 アメリカ オーストラリア 南アフリカ トルコ カナダ
-0.10 2.25 1.00 6.5 19.75 1.75

ドイツ銀行が破錠した場合、どうなることやら・・。

あーこわいこわい・・。

もっと、耐えれる資金にしないとダメなのかな

積立てFXについて私なりにまとめました。

はじめに 積立FXとは外貨通貨積立とFXが重なった商品になります。 現在、購入可能証券会社はSBI証券とSBIFXトレードのみ...

★ロボアドバイザー Theo約13か月目

毎月積立て金額は1万円です(2018~2019/7月まで1万円)。来月から2万円へと増額。

ロボアドバイザーだけは唯一マイナスになっていない・・・。

さすが、ロボット・・。というべきなのかな?

良い感じに育ってて来ております。

来月から2万円と増額するので前回よりもスピードが増していくと思います。

3年後5年後10年後どんな結果になってるのか非常に楽しみであります

★Theoの積み立てポートフォリオ

★グロース株式中心に運用

連動指標 時価層評価額 損益
米国の割安株 31,140 +315
アジア太平洋地域の先進国の大型・中型株 21,253円 -437
ユーロ圏の大型株 16,163円

+82

新興国全体の株式 13,627

–919

★インカム 積券中心に運用

連動指標 時価層評価額 損益
米ドル建ての投資適格債

25,374

+77

米国を除く先進国の国債 5,906

–57

米ドル建ての残存期間0-5年のハイイールド社債 3,102 –26

★インフレヘッジ 実部資産中心に運用

連動指標

時価層評価額 損益
米国のリート・不動産株 8,138 +519
コモディティの先物 3,383 –191
金(現物) 2,941 +205

バランスよく利益が取れて行ってるので、分散投資様様ですね


Theoについてメリット・デメリットを私なりにまとめました。↓(知識が増え次第追記します)

 

シェアする

フォローする