仮想通貨に投資する理由と経歴

私、自身が仮想通貨に投資するキッカケを話します。

もともと、仮想通貨に興味を示し始めたのは2017年の5月の時でした。

そのころにコインチェックに口座を開設してリップルとネムに投資をしていきました。

当時、リップル30円台、ネムは20円台だった記憶があります。

その二つに投資した理由は、単価が安かったからです。

1万円えんづつ投資して2017年の10月まで放置してました。

再びチャートをみると含み益がすごいことになり、もうドンドンと投資しようという気持ちになり約二つで合計10万円近く投資したと思っております。

あの頃は、いろんなところでニュースになったり、ネットで仮想通貨の話題が絶えなかったと思います。

好材料が出るたびに、値段は跳ね上がり夢を追いかけていました。

完全に投資初心者の良い鴨の状態ですね。

含み益が増えつづけ利益を確定したいという気持ちと、もっと増やしたいという気持ちが葛藤してるなか確定申告や税金という問題の記事が増え続けました。

ほぼ年末の状態ですね。

私は税金や会社にバレルと不味いのかなぁなんて思い保有し続け2018年を迎えました。

(もう投資する意味が何か分からない状態の心理です)

仮想通貨はガチホという言葉が多く出回り、下がっても保有し続ければ回復するだろうという人はたくさんいました。

2018年に大きな事件が起きました。

コインチェックのネムの流出です。

マウントゴックス事件よりも印象が強い人が多いと思います。

ネムが流出した結果、悪材料となり仮想通貨は一気に暴落をいたしました。

ビットコインは220万くらいを天井に下げ続け、共にアルトコインもドンドン下がっていきました。

ネムが80円台になり、盗まれた人は80円レートで保証しますという強制利確イベントが始まりました。

始まるとガチホ組(盗まれた人、私も含めます)はネムを返せ!っと沢山のチャットが流れてた記憶があります。

理由は簡単でネムは、まだまだ上がる通貨だと思ってる人が沢山いたからです。

(私は余り吠えませんでした。理由は、無くなってもいいお金でやっていたからです)

結果、基軸通貨は見並下がり続け現在は多少盛り返したものの50万円台、ネムは一桁となりました。

ガチホは悪いことではないとおもってますが、共に倒れても文句を言わない人が行うべきだと思います。

現在は低水準をキープして投資家同士で奪い合ってる状態が続いてます。

そして、なぜ私がこんな状態でも買い続けてるのか?

それは、期待感と将来盛りがる可能性がありそうだから少しづつ買っております。

ブログのネタにもなりますので。

XEMは安い、ザフトも安い=たくさん買えるということは新規が入ってきた人が先ず目につくのはXEMを買いに行く人が多いと思ってるからです。

(リップルも安いのでこっちのが多いかもしれません)

ザイフトークンは価値が付いてない通貨で、ザイフユーザーしか購入できないので解放された(他の取引所で購入可能)ときに大きく上昇していくと思ったからです。

あとザイフという名前も名前が知れ渡った取引所なので行けそうだとおもったからですね。

正直、新興国通貨と同じなので無くなっても可笑しくない通貨たちです。

絶対に無くなっても笑ってすごせる金額で行ってください。

文句いって八つ当たりする人は福は回ってきませんよ!

最後に、これは私の意見と思考なのでアテにして投資しないでください。

万が一、損失した時の責任は負いかねます。ご了承ください。

シェアする

フォローする